2006年01月25日

【御身御大事に】カワムラの傷病歴〜1

皆様、はじめまして。
カワムラです。

さて、これから毎週水曜日。
カワムラの傷病歴をお話してまいります。
唐突に、時間は昭和40年に遡ります。


…………………………………………………………………………
【カルテ1】
生後一ヶ月→飢死寸前
…………………………………………………………………………

今日は母の胸に抱かれ、一ヶ月健診にまいりました。

母は緊張しておりました。
といいますのも、この子は実に育てにくい。
昼夜を問わず、泣きまくる。
何度乳首を含ませても、しばらくは吸うものの、
すぐに赤い顔をして泣き出すのです。

母はそれは立派な乳房を持っておりました。
その乳房を一日中出している状態で、
カワムラに授乳を続けてきたわけです。

それなのに、この子ときたら泣くばかり。

当時同居していた祖父母、叔父、叔母を含み、
一家全員の睡眠を妨害する新生児。
それがカワムラでした。

「虫が付いているのでは?」と、
お灸もすえましたが、効果なしです。


今日は、どうしたらこの子が泣き止むのか、
医師に相談したいと思っていた母でした。




果たして、健診。まずは体重測定です。
「ん???」
看護婦さんは首をひねり、何度も計りなおしました。
しかし、何度計りなおしても、体重計が示す数字は同じ。

急ぎカルテが医師に回されました。
医師は青ざめ、カワムラの体中を点検。
そしてハタと気づき、母に胸をあらわにするように命じます。

母は緊迫した空気に押され、胸を開いて医師の前へ。
医師は、母の乳首をぎゅっとつまみました。



……一滴の母乳も、絞れませんでした。



医師は告げます。


「お母さん、この子は普通なら一ヶ月で約1キロ体重が増えるところ、
100グラムしか増えていません。




…………この子は飢えています!




母は貧血を起こしそうになったそうです。


医師は、さらに続けます。

「母乳が出てないんですよ!
何で気づかなかったんですか?
ずっと泣いていませんでしたか?
このままだと、この子は飢え死にします。
今日からミルクにしてください!」


母は泣きべそかきながら、何度も何度もうなづいたそうです。



ちなみにこのとき、なぜか身長は5センチ伸びていました。
この栄養をどこから摂取したのか、いまだに謎です。



というわけで、カワムラの傷病歴がスタートしました。
いえ、スタートさせられました。


どうぞ皆様、御身御大切に。



posted by corpoスタッフ at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 御身御大事に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はっはっはっは!!!
そりゃすごいっすねーー!

お母さんもさぞかしびっくりだったに違いない。

この子は飢えてますって
単刀直入なお医者さんにもビックりだわ。
Posted by るんちゃん at 2006年01月26日 16:20
はい、そりゃもう(笑)。

それがトラウマになり、脂肪を蓄積しなくては気がすまない体に……親の因果が子に祟り……なーんちゃって。
Posted by カワムラ at 2006年01月27日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。