2006年02月08日

【御身御大事に】カワムラの傷病歴〜3

カワムラです。

傷病歴その3は、4歳。
昭和45年ごろでございます。


…………………………………………………………………………
【カルテ3】
生後48ヶ月ごろ→登園拒否
…………………………………………………………………………

ともかく、冬でした。
カワムラは風邪を引き、そりゃあ大変にこじらせて、
約1ヶ月ほど、保育園をお休みしました。

私はもともと、保育園というものが嫌いでした。
なぜって、
うるせー男子
はいるし、
お寺のお膝元にあったので
悪さをすると御堂に閉じ込められるし
遠いし。

行けば行ったで、それなりに楽しいのですが、
行かないほうがより楽しい。
そんな4歳児でございました。

ですからカワムラにとって風邪は、
苦しいながらも保育園をおおっぴらに休める
神様がくれたヴァケーション
状態だったわけです。

しかしヴァケーションは続かない。
上げ膳据え膳の楽園生活も、
解熱とともに終わりとなりました。


果たして、登園となったある朝。
カワムラは母に言いました。


「保育園辞めます」



母は言いました。


「馬鹿」


それでもカワムラは言いました。
涙をためていいました。


「保育園や〜〜〜だあ〜〜〜〜!!!」


同時に母の拳骨が頭上部を直撃。
軽い眩暈をともに、カワムラの幼いからだは、
その意志に反し、母の引っ張るほうへと動き出したわけです。
すなわち、保育園の方向に。


割れんばかりの泣き声を響かせつつ、
田舎道を引きづられ、保育園へと近づくカワムラ。


保育園の門には、保母さんがニコヤカにお出迎えです。
「はーい、おあずかりします、がちゃん!」
門は無常にも閉められました。
その直後、カワムラが見たものは、
初めて目にした
母のアッカンベー


というわけで、カワムラの登園拒否は、
大人の圧倒的な筋力と高圧的なアッカンベーとともに、
完治せざるを得なくなった次第です。


……それでは皆様、御身御大事に。









posted by corpoスタッフ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 御身御大事に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。