2006年03月29日

【御身御大事に】カワムラの傷病歴〜10

カワムラです。

傷病歴その10は、同じく13歳。
昭和53年ごろでございます。


…………………………………………………………………………
【カルテ10】
生後156ヶ月ごろ→左膝脱臼・激痛編
…………………………………………………………………………



体育の時間、左膝を脱臼した河村。
脱臼した足はギブスで固定し、1ヶ月経過。
チェーンソーで切り開き、河村は自分の生足を1ヶ月ぶりにみました。



その膝は太ももと同じ太さにまで
見事に腫上がっていました。




医師は看護士に伝えます。
水抜きセットねー」



なんじゃそりゃ????



ソラマメの形をしたステンレスの深皿、
そしてその上には消毒液とガーゼ、
見たこともない太さの針。


水抜きセットを受け取った医師は、
看護士に目配りしました。



看護士は「うん」とうなづき、
河村の膝より上に一人、
膝より下にもう一人、
両手に全体重をかけて河村を拘束しました。



な、なに???


はーい、じゃあいくよー



え?



しゅわっとした消毒液の感触。
膝の内側は消毒されました。




それ!



☆☆☆!




医師は気合とともに、
爪楊枝より太い針を河村の膝にグリグリグリ……。





せ、せんせい!
そこには筋が!




せ、せんせいーーーーーーーーーーーーー!
ま、麻酔ないのおおお????





ぼっこりと、河村の膝に穴が開きました。
そこからは当然のごとく、
血が流れています。




じゃあ出そう




な、なにを?



医師は膝の上の部分から
手のひらをぐーーーーーーーーーーーっと押し当てて、
下へとずらしていきます。



膨らんでいた河村の膝は、
しゅるるとふくらみを失っていき、
その代わり空いた穴からピンク色の液体が流れ出ました。



これが、いわゆる「水」です。



このときには痛みはありません。
だらだらと流れ出る水と、
その水を出している穴に、
ただただ衝撃を受けるばかり。




おー出たねえ




ええ、でましたとも。
何ccかは知りませんが、
医師が感心するほど出ました。



イソジンか何かをぺたぺた塗って、
バンソコウをぴとっと貼り、
治療完了。




「ありがとうございました……」



ベッドから降りようとした河村。
しかし左膝が曲がりません




「あ? あーっ!」


ああ、膝が固まったのよ。
 お風呂でもみほぐしてねー




は、はい……。





河村は左足を引きずりつつ、診察室を後にしようとしたとき。






あ、また水はたまるから



はい〜?





「一週間後、また水抜くから来てねー」



はい……。






診察室の外には、母がいました。



母よ。
確か一緒に診察室に入ったよね?




だってー、怖いじゃない〜



怖かったよ。




ね、痛い、痛い? どのくらい痛い?





う、うるさいわっ!





激痛編、まだまだまだ続きます。



……それでは皆様、御身御大事に。




posted by corpoスタッフ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 御身御大事に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

はじめまして。よろしくお願いします。
Excerpt: こんにちは。はじめまして。ステキなサイトですね。私のサイトでは、健康な生活を送れるようにと、カイロプラクティックや整体の情報や、健康マットや枕などを紹介しています。腰痛、肩こりなどで悩んでいる方は必見..
Weblog: カイロプラクティックで健康維持
Tracked: 2006-05-02 10:51

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。