2006年04月11日

旬の食べ物「たけのこ」

★かおりんの「頭の健康」vol.16 〜 小学校 給食だより より 〜

◎たけのこが軟らかく食べられる旬間(10日間)

春の日本料理には欠かせない季節感のある食材です。
「筍」の漢字が当てられているのは、芽が出てから旬間(10日間)のうちが軟らかいたけのこの状態で、それを過ぎると竹になってしまうことから、軟らかく食べられる10日間にちなんで「筍」の字が当てられるようになったということです。

たけのこは、不溶性食物繊維のセルロースを豊富に含んでいるので、便秘の改善に役立ちます。

また食物繊維は、コレステロールの体内への吸収を抑える働きや腸内の有害物質を吸着して体外に排出する働きもあるので、動脈硬化の予防にも役立ちます。




「食」という字は、人を良くすると書きます。

健康なからだは毎日の食事がつくります。
少しずつでもたくさんの種類の食品をとることが大切です。



  


 


posted by corpoスタッフ at 15:18| Comment(1) | TrackBack(1) | かおりんの「頭の健康」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あく抜きなんて 考えもしませんでした

.... 

ありがとうございます。。。

参考になりました
Posted by ぺん太郎 at 2006年04月25日 16:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

たけのこ
Excerpt: 今日は 叔母さんから たけのこをいただきました。。 裏山で沢山 とれたそうです(笑) 食べきれないほどとらなくてもいいのにと(内心おもいつつ) ありがとー♪ と いただいた訳ですが ..
Weblog: 日々の暮らし
Tracked: 2006-04-24 18:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。