2006年04月18日

形式名詞

★かおりんの「頭の健康」vol.17 〜 中学 国文法 より 〜

形式名詞・・・名詞としての本来の意味を失っていて、前に修飾する言葉をつけないと意味が通じない名詞。
「こと」 「とき」 「もの」 「とおり」 「ため」 「ところ」 「はず」 「ほう」 「わけ」 「ころ」 「うち」 などがある。



◎形式名詞はかなで書く

形式名詞は、名詞としての意味を持っていません。たとえば、
「あなたの言うとおりです。」
の「とおり」には「通り(道路)」の意味がありません。
そこで、ふつう、かなで書き表します。
漢字が持っている意味を表していないからです。

「あなたのことが好きです。」
の「こと」も「事柄」の意味ではありません。ですから、かなで書きます。

形式動詞も同じです。たとえば、
「話を聞いてください。」
といっても、何も受け取るわけではありませんから、「ください」はかなで書きます。




母国語を、正しく、大事に使いたいと思います。



   


 


posted by corpoスタッフ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりんの「頭の健康」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。