2006年04月19日

【ともかく野菜が食べたいならば】弐巻

秘伝弐:「ほぼ千切り」を活用せよ!



……というわけで、
今回は「ほぼ千切り」。


その心は。


えのき
にら
細ねぎ
もやし
いわゆるカット野菜



根元さえ切れば、
あと一つ包丁を入れれば、
下ごしらえ完了なもの。


これに、そのほかの食材も、
包丁をそんなに入れずに済むものをチョイス。

豚バラスライス
白滝
春雨
すでに切ってある油揚げ
ソーセージ



出汁になるものも、ついでに
カットしてある乾ししいたけ
昆布の千切り(生でもよし)




あーら不思議。
材料を取り出したら
5分以内に用意ができまする。



じゃ、フライパンか鍋を出してください。



…………………………………………………………………………レストラン
【とろみが中華なお惣菜】レシピ
…………………………………………………………………………レストラン


▼用意するもの▼

にら
切ってある乾ししいたけ
もやし
細ねぎ
春雨(マロニーちゃんでもよし)
豚バラスライス
片栗粉


コショウ
中華だしちょぴっと


▼行動計画▼

1)根元のある野菜は切って、
  大きさをそろえる程度にカット。

2)ごま油を薄くフライパンに敷く。
  そこに野菜をどばっ!
  干ししいたけをパラパラ。
  水を野菜が浮く程度にじゃっ!

3)春雨投入。さらっと混ぜる。

4)さらに大きさをそろえてカットした
  豚バラを上に。
  塩コショウ(黒コショウがうまい)  

5)ふたをしてしばし待つ。
  すぐに火が通るので、そしたら味見。
  味が薄いようなら粉末中華だしをパラパラ。
  しょう油を少々。

6)ころあいはよし。
  水溶き片栗粉を投入。

7)くくっと煮たら、とろみがつく。
  そこに溶き卵を投入し、一回だけ大きく混ぜる。

)♪たまご たまご たまご〜
  ♪たまごーが半熟〜
  ♪火から火から火から〜
  ♪火からおろすのさー
  
  (お魚天国で歌ってね♪)

9)最後に細ねぎをパラパラ。
  包丁で小口切りもよし。
  暴力的に手でぶった切っても、
  ふんわり一混ぜれば、
  それはそれで、いとおかし。

10)できた。


…………………………………………………………………………レストラン


中華丼風に、ご飯にのっけてもよい。
水の量を増やして、中華スープにしてもよい。
豚バラを除いたものを作り、揚げた魚にじゃっとかけてもよい。
らーめんにトッピングするのもよい。
揚げた中華そばにのせても、よいであろう。
ちょびっと残ったら、も少し水溶き片栗粉を加えて、
春巻きの具にどうだ!


味に飽きたら、
トマトケチャップとチリソースを投入し、
エビでも入れちゃえば、
なんちゃってエビチリにもなる。



というわけで。
ほぼ千切り」を活用すべしっ!!







posted by corpoスタッフ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ともかく野菜が食べたいならば】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。