2011年03月16日

「東日本大地震」支援物資を受け付けしております。

日本リ・ファッション協会では、支援物資として衣類の受付をしております

日本リ・ファッション協会では、東日本大地震の被災者に
一般の方々および企業から集めた衣類を救援物資として寄贈しています。
寄贈先は、主に福島県、宮城県で、状況に合わせた対応を心がけています。
この活動は、復興の過程で必要な期間を予定しており、
5年、10年と継続する覚悟で取り組んでいます。
全体の報告は、決算時に会計報告を公式サイトに掲載するほか
隔月で「活動報告のまとめ」を公式サイトに掲載する予定です。
どうぞ皆様、ご一緒に長い支援をお願いいたします。
※日本リ・ファッション協会公式サイト
http://www.refashion.jp/

この取り組みの連携先:
東都クリエート株式会社 株式会社喜久屋
※連携についてご関心をお持ちの企業様は
事務局までご連絡いただけますようお願いいたします。
info@refashion.jp


★支援金の募集を開始いたしました。(2011.5.9〜)
詳しくはこちらのページをご覧ください。

================================================================
■お願い
皆様のご家庭で、下記のものがございましたら、寄付をお願いします。

▼2011.6.6現在で特に募集しているもの
・衣料品
  夏物衣類(新品、中古(清潔な美品)を問いません。大人用、子供用、
  幼児・乳児用、対象も問いません。)
・タオルケット(新品)
  (毛布は受付を中止しています。次の冬に再度募集をおこなう予定です。)
・食器・調理器具
  ニーズが高いもの : 陶器・ガラス食器・調理器具(鍋・フライパン・包丁等)
  ニーズが低目のもの : プラ食器・木製食器
  ※新品は箱入りのままで、段ボールに「新品食器・調理器具」と表記してください。
  ※使用済食器類で割れ物や刃物は新聞紙でくるみ「使用済食器・調理器具」と
  表記してください。
  ※衣類と同梱される場合は、分別しやすいようにビニール袋に入れてください。
・その他 よくあるご質問を必ずご一読ください。
  
※衣料品については、
  被災地に送るものとそうでないものに仕分けをいたしますことご了承ください。
  仕分けの判断基準は、当協会が連携している被災地の方と
  連絡を取りながらになります。
  供給状況や天候の変化などにより必要とされるものが変わります。

※被災地に送らないものは、
  主にチャリティー販売して現金化し、送料(ガソリン代など)や
  義援金に回す予定でいます。
  (ただ今、空き店舗やイベントスペースを探しています。
  見つかり次第開始できるよう体制を作っているところです。)
  そこで残った衣類も決して無駄にしないことをお約束します。

≪送り先≫
●支援物資(衣類)の送り先
〒960-8204 福島県福島市岡部字内川原46−1
一般社団法人 日本リ・ファッション協会 震災支援受付
TEL:03-5942-3028
※段ボールの上部と側面にマジックで内容物をお書きください。
>> よくあるご質問「・梱包方法」をご一読ください。

●支援物資以外は「リ・ファッション ラボ」へ
支援品以外の衣類、靴・鞄・ベルト、服飾雑貨など
※衣類の場合、支援品になるか迷ったらこちらへどうぞ。
 こちらで仕分けして支援品になるものは被災地に送ります。
〒342-0043 埼玉県吉川市小松川587-1
一般社団法人日本リ・ファッション協会
TEL:03-5942-3028

※お問い合わせも多数いただいております。
 そこで、よく寄せられる質問への回答をまとめました。
 衣類をお送りくださる前に、また、質問メールを出す前に
 ぜひご覧ください。
 
≪よくあるご質問≫
・梱包方法を教えてください。
 運送業者が受け付けてくださる形であれば、段ボール箱でなくても結構です。
 支援物資であることが分かるように、宅配伝票の品名欄に「支援物資」と
 ご記入ください。
 また、お荷物の上部と側面にマジックで大きく内容物をご記入ください。
 (1)「新品」「中古」
 (2)「メンズ」「レディース」「子供」
 (3)アイテム名「アウター」「インナー」「ズボン」「スカート」「シャツ」「ソックス」等

 ※薄くて大きい段ボール箱(ティッシュペーパーやトイレットペーパーが入って
 いたものに多い)でお送りいただいた場合、運送中に破損したり中身が出て
 しまったりといったことが多発しております。段ボール箱は丈夫なものを
 ご使用いただけますよう、お願い申し上げます。

・送料の負担は?
 送料はお送り主様にご負担いただいております。元払いにてご送付ください
 ますよう、お願い申し上げます。
 ※着払いにてお送りいただきましたものにつきましては、受け取り拒否をしております。

・受付はいつまで?
 少なくても数カ月は続ける予定です。
 締切を設ける場合は、早目にホームページに掲載するようにします。

・いきなり送ってもいいですか?
 はい、特に事前の連絡は不要です。
 ただし、大量(10箱以上)にお送りくださる場合にはご一報ください。

・直接持ち込んでもいいですか?
 持ち込みはご遠慮いただいております。
 どうしてもという場合は、事前に持ち込むモノと個数をメールでお知らせください。

・モノはないので配送に必要な費用を寄付したい
 2011.5.9、支援金の募集を開始いたしました。
 詳しくはこちらをご覧ください。

・どういうルートで送っているのですか?支援先は?
 配送は、当協会の会員企業に委託して、1台まるごと救援物資運搬として
 走らせているトラックに載せています。福島と宮城が対象となります。
 交通状況や安全管理の関係で、届ける先は変わる可能性があり、
 「いつ、どの施設に何を何箱運ぶ」といったお約束はできない状況です。

・タオルやハンカチ、下着や靴下も送っていいですか?
 新品のみ受け付けます。
 ※ユーズド品は「リ・ファッション ラボ」(埼玉の倉庫)にお送りください。

・季節の衣料について。
 冬物衣料、外套、セーター類など防寒具は、ほぼ行き渡ったようで、
 需要が少なくなってきました。次の冬に需要があるまで、ご送付いただくのは
 見合わせてください。

・寝具について。
 今季の毛布の受付は終了しました。
 再開時期は未定ですが、秋口になる予定です。
 タオルケットや布団カバー、シーツなどは不足しています。お送りください。
 シュラフ(寝袋)は、ボランティアの方に使っていただいてもよろしければ、
 お送りください。その場合、他の物資と見分けがつくように、お荷物の
 上部と側面にマジックで大きく「ボランティア用資材」とお書きください。
 ※支援物資と別に扱いますので「リ・ファッション ラボ」(埼玉の倉庫)にお送りください。

・靴やバッグ、ベルトも送っていいですか?
 新品と美品に限り、受け付けます。
 ※支援品になるか迷った時には、「リ・ファッション ラボ」(埼玉の倉庫)にお送りください。

・食器や台所用品、文具やおもちゃ、マスクやウェットティッシュ、スリッパ等
 の衣類以外の日用品なども送っていいですか?
 送っていただいて大丈夫です。
 ただし、被災地に送るものとそうでないものに仕分けをいたしますことを
 ご了承ください。仕分けの判断基準は、当協会が連携している被災地の
 方と連絡を取りながらになります。被災地に送らないものは、主に
 チャリティー販売して現金化し、送料(ガソリン代など)や支援金にする
 ことも合わせてご了承ください。

・ランドセルも送っていいですか?
 新品・美品に限り受付ます。
 ※ランドセル専門に受け付けている団体があるようなので、そちらもご検討ください。

・商品タグがついたままでもいいですか?
 はい、タグはつけたままで大丈夫です。新品であることにこだわる方に
 とっては、タグがついいていると見分けがつきやすいためです。

・送付先の電話番号が東京都の番号になっているのは、どうしてですか?
 倉庫は、間借りしているため当協会専用の電話がありません。そこで
 東京の事務局の番号を記載しています。
 ほとんどの宅配便業者さんは、その状況をご存じなので問題なく届きます。

・会員登録なしで支援物資を送ってもよいのでしょうか。
 かまいません。継続的に支援をされることをお考えでしたら、ぜひご登録
 ください。もちろん、当協会の他の活動にご興味がある場合もご登録ください。
 入会はこちら

・日本リ・ファッション協会の活動内容を知りたい
 お手数ですが、こちらのページをご覧ください。

・集まりすぎたらご迷惑では?
 需要と供給については、まだ情報不足でどなたも把握できていない部分ですが
 おそらく4月いっぱいは余ることはないのではないかと推測しています。

 また、当協会のリ・ファッション ラボ(非営利で実証実験をしています)では、
 もともと不用衣料(靴やカバンやベルトなどを含む)を
 循環させる「リ・ファッション ラボ」という仕組み作りに取り組んできました。
 支援物資の回収・配送と並行して、今後もラボの活動は続けるため
 よっぽどでない限り持て余すことはないと考えています。
 (支援物資とラボ用資材は分けて管理しています)

・その他
 最新状況はBlogに掲載しております。 お問い合わせをいただく前に、そちらもご参照ください

●この件についてのお問い合わせ
原則メール(info@refashion.jp)でお願いします。
担当は通常、打合せに出ているか倉庫にいるため事務所を不在にしています。

================================================================

皆様との連携で、一人でも多くの方が暖を取ることができたり、少しでも
快適に過ごせることを祈りながら、この取り組みをさせていただきます。
ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

                       一般社団法人日本リ・ファッション協会
                                代表理事 鈴木純子

posted by corpoスタッフ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190950628

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。