2006年06月14日

【ともかく野菜が食べたいならば】

秘伝八:「七変化方式でどうだっ!」



……というわけで、
今回は「七変化方式でどうだっ!」だ。


実はカワムラ家の冷蔵庫には、
数日前に作った山盛りのキンピラがある。


千切りのごぼうとにんじんが、1パック30円の投売りで、
3パックをがっつりキンピラにしたわけだ。


おいしいぞ。食べろ。
……といっても、毎日同じじゃつらい。
しかし半分も残っている。


というわけで、
カワムラの今後のキンピラ七変化を紹介する。



パンチ…………………………………………………………………………
  【キンピラ七変化】レシピ
パンチ…………………………………………………………………………

▼用意するもの▼
キンピラ
魚のすり身
ひき肉
寿司酢
油揚げ
豚バラ
小麦粉


▼行動計画▼

1)変化1……魚のすり身で、さつま揚げ風に。
  すり身の中にキンピラを入れて混ぜ、
  適当な大きさにして揚げる。

2)変化2……みじん切りにしたキンピラをひき肉と混ぜ、
  肉団子の具に。
  揚げても蒸しても焼いてよい。

3)変化3……寿司飯を作り、キンピラとゴマを混ぜる。
  家庭版リーズナブルチラシ寿司

4)変化4……上記のチラシ寿司を、
  甘く煮た油揚げにつめるていなり寿司
  つめるとき、油揚げの油分を手につけるようにするとよい。

5)変化5……キンピラを豚バラで巻く。そして焼く。
  肉巻だ。

6)変後6……キンピラに小麦粉を適量投入。
  適当にまとめて揚げる。
  かき揚げだな。

7)変化7……歯ごたえが残る程度に切り、
  チャーハンの具に。
  味付けは中華風ではなく、和風だしで。
  卵を一緒に入れて炒めるとグッド。

8)できた。


…………………………………………………………………………

てなわけで、こんだけ変化させればいいだろう。

味がついているおかずは、転用しやすい。

私がほかに良くする変化は、
残ったスパゲティー(何スパでもいい)に卵を投入。
スパゲティーオムレツに。

そのほか、残った刺身は、
たいていフライかてんぷらになる。


てなわけで、料理とは自分の頭脳との戦いである。
もったいない精神をフルに発揮し、
また手抜きを忘れず、
どんどん変化させるべし。


あ、あと大事なこと。
大目に作るもの(変化予定の料理)は、
自分の好きなおかずにすることだ。
嫌いなおかずは、変化させる気力が起こらない。


だって人間だもの(またしても、みつを)






posted by corpoスタッフ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ともかく野菜が食べたいならば】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。