2006年08月09日

【ことわざが語る食物語】5

てなわけで、今回はまずこの言葉から。


「宵越しの茶は飲むな」

前夜、いれたお茶は飲むなよ、ということらしい。
確かに翌日になってはお茶らしい香りもなく、
なーんとなく、いがらっぽい。
なんでも、消化を悪くするしぶい味の成分が水に溶け出しているそうな。

なるほど。


私は最近、お茶よりも水派で、
宅配のミネラルウォーターを愛飲している。

しかし、いったん外出すると、
ペットボトルのお茶を必ず買ってしまう。


最近、濃い目のお茶がたくさんあって、
非常に喜ばしい。


お茶を飲むと、頭の回転がよくなる気がする。
コーヒーもいいが、苦いくらいの緑茶のほうが、
私の場合、刺激が強いのである。


今は、そんなこんなで、
仕事と縁が切れないお茶であるが、
そのうち、丸っこいおばあちゃんになって、
縁側で日本茶をすすることを夢見るのであった。



▼緑茶の栄養
超有名になったカテキン。
渋み成分であるとともに、発がん抑制、
血中コレステロール低下、血圧・血糖値上昇の抑制、
抗菌、虫歯予防など、すばらしい効能に注目が集まる。
そのほか、口臭予防・血管強化によいフラボノイドなどなど、
かつてお茶を飲むと寿命が延びると信じられたこともうなづける。 


▼お茶料理あれこれ
なんたってお茶漬け!
お茶の佃煮
お茶風味の蒸し菓子
茶飯
よいお茶ならば、茶殻で酢の物を作ってもうまい
……などなど。


▼お茶のその他のことわざ
朝茶はその日の難逃れ
……朝、お茶を飲むと災難よけになるそうだ。
つまり、お茶には栄養だったり、抗菌作用だったりが満載なので、
朝、お茶を飲めば安心だぞ!ということらしい。




posted by corpoスタッフ at 10:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 【ことわざが語る食物語】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう!朝の緑茶、母も言っていました!
実家に帰ると、強制的に飲まされます (^_^;)
Posted by かおりん at 2006年08月09日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。