2006年11月28日

関数

★かおりんの「頭の健康」vol.35 〜 中学 数学より 〜


●関数の起こり

関数は、英語でfunctionといい、「機能、働き」という意味があります。
17世紀の数学者ライプニッツが、このfunctionを、数学用語として用い
ました。
当時は、運動する物体の速度、曲線、体積などを考えることが目的だった
そうです。
その後、研究が進み、ライプニッツとイギリスの数学者ニュートンが、
解析学(微分積分学)をつくりました。

関数の考えは、ヨーロッパから中国に伝わり、そのとき、「function」
の発音から「函数(ファンシュウ)」という漢字が、あてはめられた
そうです。
日本には、そのまま「函数(かんすう)」という用語で伝わり、現在は
「関数」という漢字を使っています。

  ・・・・・

「xという値に、ある機能が加わると、yという値になる」というのが、
関数の考えです。


桜の開花や、紅葉の時期は、気温に関係していることが知られています。
つまり、開花日や紅葉日は、気温の関数であるといえます。

携帯電話の料金プランを比較するときにも、関数を利用し、グラフにすると
便利です。



関数は、数学、科学の分野のみならず、幅広い分野で取り入れられ、
今では、欠かすことのできないものとなっています。



----------------------------------------------------------------------------------

東京の紅葉はまだかな、、、と思っていましたら、昨日からの雨で、
通勤路のイチョウが、色づく前に散りはじめています。


みなさんの街は、いかがでしょうか。



  

 


posted by corpoスタッフ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりんの「頭の健康」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。