2007年02月13日

園芸の効果

★かおりんの「頭の健康」vol.36 〜 中学 技術分野より 〜


◎福祉や医療における園芸の活用
−花や緑とのふれあいが人の心や体をいやす−

わたしたちは花や緑を見て、楽しい気分になったり、安らかな気分に
なります。
人は植物に接したり、植物を育てたりすることをとおして、心や体に
ほどよい刺激を受けています。

また、集団の中に花があるだけでみんなの緊張感がほぐれ、コミュニ
ケーションがうながされるといった効果もあります。

こうした効果は福祉や医療にも利用されはじめています。


【園芸が人にあたえる効果】
◆精神的効果
・緊張感、不安感の緩和
・情緒の安定や気分の高揚
・創造性の育成
・忍耐力、集中力の養成
・判断力、自己決定力の養成
◆身体的効果
・全身の軽い運動
・感覚の刺激
◆社会的効果
・コミュニケーションの促進
・公共心、道徳心の養成


----------------------------------------------------------------------------------

以前、母から、「植物や動物は、ストレス解消になる」と聞きました。
以来、部屋に、花を飾るようになりました。

チューリップ
(一昨日から一緒にいるチューリップ)


マンション住まいなので、ゆかりんの庭いじりは大変羨ましいです。
http://corpoblog.seesaa.net/article/33122128.html




↓ 最近、読みました。

『事業に懲りない男に候―ツカサ代表取締役・川又三智彦』

『事業に懲りない男に候―ツカサ代表取締役・川又三智彦』


バブル崩壊で、ツカサのウィークリーマンションは、外資系企業に
買収されました。
資産総額一千億円といわれた資産家は、一千億円の借金を抱える
大貧民へと転落したのですが、そのどん底から生還までをコツコツ
と踏み歩き、ビジネス・ロマンを追い続けています。

そのひとつに、街全体を 『福祉タウン』 にする、というプランが
あるそうです。


花と緑にあふれた、素敵な街になると、想像しています。



  

 


posted by corpoスタッフ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりんの「頭の健康」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。