2007年04月11日

【ヘルシー万歳!】鉄分食卓その1「レバー」

結論から言おう。
ゆかりんは、貧血だ。


これまで「貧血気味」と表記していたが、
これは誤表記であった。
血液検査の結果、
まごうことなき「鉄欠乏性貧血」と診断された。


でもまあ、いいのだ。
鉄分が欠乏しているのなら、
鉄分を投入すればよいわけだから。


人生も健康もポジティブシンキングだ。
鉄分、とらせていただきましょう!


てなわけで、まずは鉄分を多く含む食材はなにか、
調べることにした。
そして、がんがん食べまくるのだ!


第1回ということで、
私も大好きなレバーを取り上げよう。
※しかしレバー大好きなのに、なぜ貧血??


皆様ご存知だと思うが、
レバーには鉄分含有量が極めて多い。
豚レバーには50グラム中6.5ミリグラム、
鶏レバーでは4.5ミリグラム、
牛レバーでは6.5ミリグラムとなっています。


おお、ブラボーレバー!
さらにレバーはえらいのだ。


食物鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」がある。
食肉に含まれるのはヘム鉄、
海草や野菜、大豆に含まれるのは非ヘム鉄だ。


腸管での吸収率をみると、
ヘム鉄の25%に対して、非ヘム鉄は5%しかない。
同じ量を摂ったとしても、
吸収効率は食肉のほうが、ぜんぜんブラボーなのだ。


さあ、レバーを食べよう。


てなわけで、私の大好きな常備菜を早速作ったのだ。
向田邦子先生直伝、「ゆで卵とレバーのソース漬け」。


……………………………………………………………………………………
【ゆで卵とレバーのソース漬け】
……………………………………………………………………………………
材料 :ウスターソース・酢・酒・レバー・卵
作り方:ウスターソースと酢を各1カップ、酒大匙1で作った漬け汁を用意。
    酒と生姜を入れた湯で、皮をむいた茹卵3個と、
    鶏レバー(200g)をで茹でる。
    漬け汁に漬け込む。
……………………………………………………………………………………


わはは、うんまいんだなーこれが。


てなわけで、
私は「うまい」「カンタン」な鉄分メニューを
がしがし見つけて取り入れる予定だ。
そして、究極の「鉄分食卓」を目指すのだっ!




posted by corpoスタッフ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ヘルシー万歳!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。