2007年04月15日

花粉症デビューの春

またまたご無沙汰のじゅんじゅんです。

私は今年、花粉症デビューしました。
症状は、咳こんでしばらく会話できない状態になる、です。
ひどいときは、咳きをしながら吐いてしまうぐらい。

始めのうちは風邪かインフルエンザかと思っていたのですが
病院でアレルギーと診断されました。

なんで私が!?
と思い、認めたくない気持ちで過ごしていました。
そんなある日、壇ふみさんが日経MJに連載しているコラムに
こんなことことが書かれていたのを読みました。

症状については忘れましたが
なにやら一週間ぐらい変な状態だったそうでう
それを聞いた妹さんから
「お姉ちゃん、去年も同じこと言ってたよ。
いいかげんに自分が花粉症になったってこと認めなよ」
と言われたとのこと。

それを読んで、クスッと笑ってしまった。
と同時に
「私も同じか」
と思ったのでした。


これに関連する話をもうひとつ。

病院で花粉症用の処方箋をもらい。
調剤薬局では薬剤師さんから
薬の効能と副作用について詳しい説明を受けました。

なぜか根拠のない自信?で
「まー、副作用は大丈夫だろう」とたかをくくっていた私。

病院に行った日は徹夜明けだったので
当日と翌日は意識して早めに就寝。

その後も毎日やたらと眠くて
普段は平均5時間睡眠の平日も、
しっかり7時間ぐらい寝てました。
その間、少々無理するとお腹の調子が悪いこともありました。

そんな状態が2週間ぐらい続いたある日。
「なんだか、へんだなぁ。
いつもだったら睡眠不足さえ解消すれば体調は良くなるのに。
ここ4ヶ月の疲れがどっと出たのかな??
私、どこか悪いのかな??」
と、真剣に考え始めました。

そこで初めて、
花粉症用にともらった薬の副作用として
聞いていた症状にピッタリ当てはまると気がついたのでした。

あぁ、我ながらなんておバカなのかしら!!

「自分は大丈夫」
と思ってしまう根拠のない変な自信は捨てなくては。


posted by corpoスタッフ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | じゅんじゅんの健康UP! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。