2007年05月29日

かおりん◆発声

私は、生まれてから親元を離れるまでの間、ずっと社宅暮らしを
していました。
他に迷惑をかけるという行為に、異常に気を遣う父からは、
「騒ぐな!」「うるさい!」「静かにしろ!」と、ほぼ毎日のように
言われ続け、育ちました。
そのためか、私の声帯は発達せず、声量も弱くなってしまいました。

お父様が「作家」という友達がいるのですが、彼女もまた、幼少期に
同じように静かに過ごしていたとのことで、おとなしい声です。


声が小さいことで、不利だと感じたことはこれまでもありましたが、
先日、『大きな声というのは、自信の証拠』 と、何かで読み、
それ以後、少しずつ声のボリュームを上げるように意識をし始め
ました。

----------------------------------------------
◎腹式呼吸で歌おう!
〜 中学音楽副読本「MY SONG」より 〜

▼呼吸トレーニング
・背中を曲げて息を吸う。
・息を歯擦音で強く出す。
・息をハミングで強く出す。

▼発声のコツ
まゆやほおを上げ、まゆの間に声を響かせる。

▼発声の三大要素
「おなかを引く」
「あごを落とす」
「声を高く遠く」
----------------------------------------------

腹式呼吸が身に付くと、無理なく自然に声が大きくなるようです。

腹式呼吸は、酸素を脳にゆき渡らせ、精神の安定、脳の活性化に
つながるとのこと。
実際、イライラがあるときなどは、大きな声を出すと、発散され
ますよね。


また、「声の出し方でヤセる」のだとか・・・!!


声は、私たちの体に大きく影響しているようです。

 

  
posted by corpoスタッフ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりん◆やさしい健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。