2007年08月21日

かおりん◆良い汗をかく

連日の高校野球中継を見て夢をふくらませたのか、二男が自発的に
トレーニングに励むようになってきました。

「夜になるとピッチングしたくなる」 などと、遠まわしに誘ってくる
ので、昨夜、近所の公園に、バットとグローブを持って出かけました。

身長も力も、私を超している彼の、投球練習の相手はとても出来ず、
とろとろキャッチボールとしょぼしょぼノックだけでしたが、彼も
私も、たっぷり汗をかきました。


彼の汗は、さらさらと流れおちる汗。
私の汗は、べたべたと張りつく汗。

「良い汗」 vs 「悪い汗」 と、感じました。



人の体は、普段、熱を外へ放出することによって体温の均衡を保って
いますが、気温の高い夏や運動した後など体温が上昇すると、汗を
かくことで熱の放出を助けています。

汗は、血液からミネラル分と水分が、汗腺に取り込まれ、皮膚表面
から出る仕組みになっています。

この時、ミネラル分は血液に戻されて、水分だけが出るのが、「良い汗」。
汗腺の機能が低下していて、体に必要なミネラル分まで一緒に、汗と
して排出してしまうのが、「悪い汗」。

また、「良い汗」は酸性で、成分のほとんどが水なので、ベタつきや
ニオイが無いのに対し、「悪い汗」はアルカリ性のため、皮膚の常在
菌のエサになって繁殖し、ニオイの元になってしまう、とのことです。



「良い汗」をかくには、汗腺を鍛えて、体質を改善していくこと!
そのためには、日常的に汗を出す習慣を身につけることが第一歩!
なのだそうです。


今日から、私が二男を公園に誘う夜が、続きそうです。


 

  
posted by corpoスタッフ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | かおりん◆やさしい健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52185545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。